calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • 2016.11.07 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アウトドア・アクティビティのススメ

   
   猛暑・・・ 豪雨と この夏は 顕著に天候異変が みに降りかかった年でした。

    しかし、これから秋は、台風の季節

     災害への備え、 避難、救助などの訓練

      危険が迫ると 急に慌てて、 過ぎると 忘れる これが 私たちの日常生活ですね。 


      

    そこで、最低限の準備の一番にライト

     電池式のランタン・ヘッドランプ これを持っておくと 自力移動が可能になります。

    しかし、使うかどうか解らない 道具を準備しても いざという時 電池切れで

     使えなかったり・・・となるかも。

   だからこそ、 アウトドアで遊ぶ!!

    面白いことや、楽しいことを日常やっていると

     それが イザという時に 役に立つということですね。

      


     

 


富士山

  
   3月11日日曜日 東京からのかえり 富士山上空を通過 
 
 

  ああ!! やっぱり 富士山は かっこええです

   山容の美しさと 神々しさを兼ね備えた ニッポンの象徴ですね。

    震災一周年の今日 このような美しい姿を見せていただき 感謝します。   

     また 登りに行きたくなりました。

  

 


2011年 

    ことしも あと 3日 思い出してみると いろいろあったなあ

    春の九重 ミヤマキリシマ鑑賞 テント山行は、大雨で、素泊まり宿での大宴会に

    夏のアルプス 白馬三山 テント縦走は 初日午後から 大雨で あえなく 白馬尻で

     テント宴会のみで 撤退

    そして 秋の 九重紅葉テント山行は、 くしくも 嵐をよぶ男との 初パーティー

     ところが 今年初の どピーカンの2日間 楽しい 楽しい 山行でした

    しかし、 10月から 異常な晴天続きであったにもかかわらずだ

     11月6日の FM山口のトレッキング教室 なんでえ! その日だけ 雨なんか

      あえなく 中止ななってしもうた。

   総括すれば やっぱ 「雨にやられた 1年であった」 ですな

      そんな1年を ふりかえり ベストショットを 選んでみました。

     
         テントに降り注ぐ 雨 雨 写真に雨が写るって はああ?



         ベストショット オブ アワード 2011だな こりゃ

      来年は 好天にめぐまれますように 

 


水難事故

  夏休みに入り また 今年も 各地で、 水の事故で 無くなっています。

  毎年 子供が溺れたのを 助けようと 親や大人が 飛び込んで どちらも亡くなる

   こんな事故が 起きています。

  
   河原でキャンプ そして 水遊び 深みにはまり 流され 溺れる

    自分には 起きない  自分は大丈夫という 根拠の無い 自信が事故になっているのですが

   いつもこの時期に 水辺で子供を遊ばせる時は、 ライフジャケットを着用させようと

    提案しているが その着用率は、 限りなくゼロ なのです。

          

     5,000円くらいの コノ ライフジャケットを 着用させるだけで

      泳げるかどうかなんて 関係なく 水遊びが楽しめて 命も守れるのですから

      
       子供たちに ライフジャケットを付けさせ どんどん川に 連れて行ってあげて

         ほしいですね
    

 


40万キロ 達成

   1992年式 ランドクルーザー PZJ 77V

   本日 めでたく 走行 40万キロメートル達成しました

   最近は ハイブリッドなど エコな車が 推奨されており とても肩身がせまいのですが

   「いい物を 長く使い続ける」  いや 長く乗り続けることが出来る車を 作った

   荒川車体工業という会社に 「あっぱれ」

   

 

 


映画 岳

        梅雨前線が停滞し 台風の影響まで 出てしまう 5月って? どう?

      春という季節が ほとんど 感じられず いきなり 夏の気配

      アウトドアアクティビティーが 楽しみの人間には 悪天候は パワーが

       落ちそうですが  

        自然は 危険なだけではなく 恵みと 喜びを 与えてくれる存在ですので 

         こんな雨の日は 感謝する日にしたいと 思います        
                                                                                
   普段 映画ナド 見る事の無い私ですが 

                 穂高周辺がたっぷり出てくる 映像は なかなか グットでした

                  小栗旬さん 長澤まさみさん やっぱ、 こういうかっこいい人が

                  山の魅力を 伝えてくれるのは ありがたいですね

                 これで かっこよく 山を始める 若者が 増えるでしょうね             
                

 


ランドクルーザー

               

   復活!! 帰ってまいりました 


        

   約一ヶ月の入院でした。

    平成4年式 走行38万5千キロ 愛着のある ランクルPZJ77です

    走行中 突然ハンドルがブレだし 走行不能になってしまいました。

    が・ 心臓はやはりしっかりしているので、ステアリング周りの交換や

     その他・多数の部品交換で 退院してまいりました。

  
   コノ一月 車どうしたん?

    という ご心配を 多くの方からいただき

      あらためて 赤ランクル=オレなんだなあと 感じたしだいです。

    さて 次は60万キロ目指して 乗り続けたいと 思います。

  
      といいながら  現代のニューカーは とっても良くて

      こんな車にも あこがれが出てしまいました。


      


             

 


 スポーツ

      「スポーツ」

      自分でする   観戦する   応援する

   スポーツには、いろいろな 楽しみ方がありますよね

   自分でするスポーツはさておき、スポーツ選手を応援する時は、

    まず自分が知っている人が 一番ですよね。


    自分の家族、 近所の子供、 子供の友達、 友人の子供、 知り合いの子供、 

      会社の同僚、 出身校の先輩後輩、 山口出身、などなど


    応援したくなる気持ちは、 いわば 「親戚のおばちゃん」的な気持ちからだと思うんです。
  
  
   お上から、「ココを応援しましょう」というお達しで、応援する気になるわけじゃないんだ。



   ペンブロークのお客さんのお嬢さんで、活躍している選手を紹介しますので、応援しましょう

    「女子サッカーワールドカップ」 U17日本代表で、準優勝したメンバー

      MFの田中陽子選手です。

      山口市出身で、JFAアカデミー福島所属です。

       詳しい活躍は出身クラブのHPで
    レオーネバナー.psd  

      

 


WWFP

  カヤックや、川でのスポーツをする時の、必須ポジション
   
  「WWFP」 ホワイトウオーター フローティングポジション
  

  仰向けになり、両足を下流に向け、膝を軽く曲げる姿勢

  つま先が、水面から出るまで両足を持ち上げ、常に両足が下流を向くよう手で舵を取る


  川などで流された時の、安全な流され方の、基本姿勢です。

   コノ姿勢をとることは、いろんな危険から身を守ってくれます。

   特に、フットエントラップメントは、岩の隙間に足を挟まれ

   水圧により、水面に出ることが出来なくなるという、事故です。

  
    知っているのと、知らないでいるのとは、大きな違いです。

    カヤックだけの事ではなく、アウトドアスポーツ全般に潜む危険を認識、回避する為

    先人の話を聞くなり、講習を受ける事が、大切です。

 


遭難

  「 トムラウシ山 遭難は なぜ起きたのか」 山と渓谷社刊

 昨年7月に北海道、大雪山系で多くの死者を出してしまった、登山ツアー事故検証をした本です

 この本の中では、「低体温症」について、かなり詳しく説明されています。

 また、事故の検証として、生存者の事故当時の、カラダの変化などについても、聞き取り調査

 されており、とても勉強になります。
          

  私達、カヤックのインストラクターの間では、

   カヤックは、身体が濡れた上、風に吹かれ体温を奪われるので、

   低体温症は常識の知識であり、  その予防には、かなり気をつけています。

  そもそも、20年前カヤックを始めた頃、先人から、すでにカヤックでは、

  低体温症に気をつけるよう、指導されていました。

  しかし、現在、一般の登山者の間では、ほとんど認識がされていないという事実を知り

  積極的に啓蒙して行かねば、ならないと痛感しました。

 


| 1/3PAGES | >>